カードローンの利息は大きな落とし穴

私自身、何度かカードローンを利用したことがありますが、カードローンというのは最近は特に簡単な審査で利用できる会社も多く、以前よりも随分とスマートなイメージが定着しつつあると思います。

しかし、どんなに審査が甘くなるなどしてメリットがある一方、デメリットというのは必ずついて回ります。
私自身が利用して一番思ったデメリットは、やはり利息です。

利用額が少額であったり、期間が短いものであればそれほど負担にはなりませんが、逆に多額の利用であったり、長期にわたって返済をした場合には利息が大きくのしかかってきます。

もちろん、銀行などの金融機関でローンを組む場合でももちろん利息はかかりますが、ただ単にお金を借りるだけというカードローンというのは審査が甘い分、利息は高めです。

私が利用した時、その時はまだあまりカードローンのそのような部分を気にせずに、お財布にお金がたまたま少なくて、大きな買い物をしたいからなどという簡単な理由から何度かカードローンを利用し、その返済をリボ払いに設定していたために返済期間が長期にわたり、最終的には借りた額よりも随分多くの利息を払いました。

カードローンの仕組みを詳しく知っている今、あのころは本当に無知だった、あのころの自分のところに行ってそんな使い方をしてはいけないと忠告をしたいくらいです。

やはりお金を借りるならば、よく考えてなるべく利息が少なくて済む方法を考えてからカードローンを利用したいものです。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ