カードローンには残高不足回避の利点

120723TWTC501

カードローンには、残高不足に関するメリットがあります。私たちには、毎月支払わなければならない料金が何種類かあるのです。例えば電気代などもそうですし、税金や年金など色々と支払うべきものがあります。

その支払い方法は、たいてい銀行からの口座引き落としです。毎月の20日になったら、電気代の為の口座引き落としがされる等の具合です。

ところである月の電気代が1万円だったとしましょう。ところが銀行口座の残高が、5千円だけだとします。明らかに5千円不足してしまっていますね。これがいわゆる、残高不足です。

残高不足が発生してしまいますと、色々と大変です。上記のように電気代の支払いに遅れてしまえば、当然の停電が発生する可能性があります。ガスや水道なども同様です。

電気やガスや水道というものは、私たちにとっては間違いなく大事なものです。それが使えなくなってしまうのは、困ってしまいますね。

現に私の知人も、数週間前に残高不足によって電気を止められてしまったそうです。本当に突然止められたので、相当焦ったそうなのですが。そのような事態は、何とかして回避したいものですね。

ところがカードローンには、自動融資という機能があります。上記のように残高不足が発生している時には、即座に融資が実行されるのです。上記の例では5千円不足しているので、5千円が口座に入金されます。そして無事に電気代を支払える訳です。突然の停電を回避できる訳ですから、メリットはとても大きいと思います。

コメントは停止中です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ